循環器

心室筋の興奮の方向と変化

循環器

先日Twitterでアップした内容です。

新人指導や個人の学習、資料作りの挿絵にいかがでしょうか🙌🏽

心電図の勉強をしていると

必ず通る内容ですね🗽

ここをすっ飛ばしていると、後々の理解で『なんで?』ってなるので

必ず

理解しておいた方が良いPointです😆

刺激の伝導は、

洞結節→房室結節→ヒス束から脚に伝わり心筋内を伝導していきます。

脚からプルキンエ繊維を伝わり、心室筋を脱分極させます、

その脱分極の始まりと伝導方向を動くイラストで

イメージ化してみました🦥

Point: 心筋内膜から心筋外膜に向かって伝導する

まず、中隔の左心室側から右室側に向かって始まります。

(ここでは中隔の一番上ではなく、少し間を開けた所から始まります)

そして、中隔に沿って心尖部に向かいます。

右室と左室の心尖部の内膜から外膜に向かいながら、

心中部→心基部へと、上に登るイメージですね!

電気のベクトルとしては、イラストで矢印をつけている方向に向いています。

これに合わせて、心電図波形が振幅します🗽

心電図と刺激伝導系、心筋の動きのGIFはこちらから↓

これを理解して心電図を学ぶと理解が深まります🙌🏽


DLはこちらから💁‍♂️

タップまたは、クリックして、保存できます!

PowerPointで使用する際は、編集画面では静止画になってますが、

スライドショーでは動きます!

PowerPoint2013以上で動作確認できています!

また、お使いのスマホにも保存できます🙌🏽

ぜひ、学習や指導、資料作成にご活用下さいませ✨

ご使用頂けましたらTwitterやInstagramで投稿して頂けると嬉しい😆

最近Instagramも始めました!!

ID: @cocorogahareruですので、ぜひ覗いてみて下さい🙇🏻‍♂️

いつも見て頂きありがとうございます😊

タイトルとURLをコピーしました