循環器

左室拡張能 E/e’ をイメージ化

循環器

先日TwitterでE/e’をイメージ化したスライドを投稿しました🙋🏿‍♂️

左室拡張能シリーズのラストです🧞‍♂️

E/e’: 左室流入血流波形をe’で除した値で、

   左室弛緩がE波に与える影響を補正しています。

   E/Aで正常パターンと偽正常化パターンを見極める時に有用な指標でもあります、

   拡張能が低下するに従い、値が上昇します。

理解してイメージするには、単語のE波とe’を理解する必要があります。

まとめはこちらを参照下さい💁‍♂️↓

おさらいですが、

E波: 拡張早期に心室の陰圧で流入する勢いの程度(スピード)

e’のおさらいはこちらから💁‍♂️

e’は僧帽弁輪の移動する速度です。

僧帽弁の付け根が弁輪になります。黄緑色の丸く印た部分ですね。

この丸く印た部分が収縮で心尖部に向けて動き、拡張早期に心房に向かって動きます。

この動きを速さで表したのが、e’になります。

この2つの割合を指標にして、左室拡張能を評価できます。

覚えるPoint: E/e’は拡張能が低下するにつれ値が上昇します。

障害のパターン別に見てみます。

E波は障害の程度で上がり下がるパターンではないです。

e’は障害の程度が強まるにつれて、値が下がっていきます。

分母であるe’が低下すると値は上昇する為、E波で捉えられなかった部分を補足し、分かりやすくなっています。

また、E/e’は左房圧を推定する指標ともなります。

正常ではE/e’≦8です。

高度に左房圧が上昇すれば、≧15を超える事もあるようです。

これら指標で左室拡張能を評価していきます。

臨床で心エコーレポートをみる機会があれば、

左室拡張能評価をみていきましょう。

様々な患者の値を見ていく事で、

イメージできるようになっていきます。


最後まで見て頂きありがとうございました😊

Twitterで投稿したスライドGIFは、、DLできます🧞‍♂️↓

↑背景白             ↑背景透過

ご使用頂けましたらTwitterなどでご感想等を投稿して頂けると嬉しくて倒れます😭

タイトルとURLをコピーしました