呼吸

人工呼吸器 VCVとPCVの波形とイメージ

呼吸

ハイサイ、ココハレです。

私は3学会呼吸療法認定士の資格を2013年に取得しました。

呼吸療法は好きですが苦手でもあります。

どちらかというと、私自身は循環器や心臓外科、心臓リハビリの方が

すチームの中の理学療法士として動きやすいです。

そのためか、人工呼吸器に関わるイラストからそーっと離れていました。

描きたいけど、アイデアが浮かばない。

描きたいけど、自信がない。

それよりも心臓描きたい!みたいに。


そんなこんなで避けてきましたが、

Twitterのやり取りで、

towa@ICU_kyouikuさんからのリクエストを頂きました!

その内容が今回のテーマ

『人工呼吸器 VCVとPCV』です。

内心来てしまったー💦と焦りまくりのココハレでしたが、

towaさんから、思い描いている下書きを頂きました!

こちら↓

これはとても秀逸なアイデア💡

といっきに頭の中でイメージできました✨

幾度かDMでやり取りし、添削を頂きました。

完成後のツイートがこちら

towaさんありがとうございました!

アイデアが秀逸だったため、沢山の人に拡散頂き、

イイねも900を超え、

沢山の人に見て頂きました!

感謝😭です😭

見て頂けた方もありがとうございました!


一見、VCVとPCV

用語は英語の並びで、難しいですが、

この二つは、『空気の送り方』です。

人工呼吸器の沢山あるモードを形成する基本です。

この二つの成り立ちを理解すると、

様々なモードも理解しやすくなります。

細かく説明するのは苦手ですので、

詳細は参考書を読んで頂けたらと思います。

超噛み砕いて、簡単にイメージを表現すると、

VCV

一定の速さで決めた量をグイグイ押し込む。

内圧を気にしなさい(天の声) 🧝‍♀️

しっかり入るが(吸気)、肺を痛めやすいVCV

PCV

決めた内圧と時間でサッと押し込む。

量を気にしなさい(天の声)🧝‍♀️

肺を守り優し過ぎるので。時に量が少ないPCV

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

臨床では、ほとんどPCVの送り方を用いた、

それぞれのモードが使われている印象です。


ダウンロードはこちら💁‍♂️


VCV↑ PCV↑


誰でもご自由にお使いできます。

使って頂けると喜びます✨

よろしければ、

お使い頂けた場面や資料の一部を

TwitterなどのSNSで投稿してお知らせ頂けると、

大変ありがたいです🙇🏻‍♂️

なお、PowerPointに貼り付け

プレビューやプレゼンテーション画面ではGIFとして動きます!

※編集画面では動きません。

スマホやタブレットにも、

保存してお使いできます!

見て頂きありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました